> カテゴリー「MME」の検索結果

エントリー

ドット絵・アニメ調 変更ツール

  • 2017/05/23 15:01
  • MME

block_watari.jpg

【MMD】 ドット絵エフェクトモデル
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im2401284

ドット絵をMMD上でモデルデータとして表示させるエフェクト。
サンプルで使ったドット絵は箱ドット クリプトン一家からお借りしました。

voca4.pngを64x64サイズになるように切り取り、
背景を透過させてpng形式で出力。
64ドットモデル.fxをメモ帳などで開いて、

#define TEX_NAME "voca4.png"
#define USE_ANIME 0

に変更して保存。
MMDに64ドットモデル.pmxをドラックアンドドロップ。

背景を透過させないとアイコンの白い部分がそのまま残って、
不自然になってしまいますので透過させたほうがいいと思います。
背景の透過方法は画像編集ソフトによって違うので各自でやってください。

MMEでドット絵風

01.jpg

続きを読む

発光エフェクト AutoLuminous

  • 2017/05/18 16:36
  • MME

05/18 : 【MMD】オートルミナスを使った静画のフチ取り

オブジェクトに発光効果を与えるエフェクト。
AutoLuminous(以下AL)は利用機会が非常に多いエフェクトです。
ALに標準で対応しているモデルも結構あります。

Tda式おやぶん式ぴくちぃ式などは
ALを適用するだけで発光するように作られてます。
MMEとALは必須といってもいいです。

まずはALを持ってない人はAutoLuminous4をDLしてください。
Effects → AutoLuminous4の順にクリックしてください。
http://1drv.ms/1hAXcox

モデルが発光するように予め作られてるモデルは簡単に発光します。
MMDにAutoLuminous.xをドラックアンドドロップするだけ。

発光光度を上げ下げしたい場合は、
アクセサリ操作をAutoLuminous.xに合わせて
「Si」の値を変更してください。

上の画像のぴくちぃ式はSiの値を5.0000に設定して登録ボタン。
光を強調させるためにモデルに当たる光を落としてます

これだけの作業で通常とはちょっと変わった雰囲気が作れます。

標準だと背景が黒くなります。
background_b.jpg

白背景にしたい場合は、
AutoLuminous.fxをメモ帳などで開いて、
//背景色
> = float4( 0, 0, 0, 0 );
これを
> = float4( 1, 1, 1, 0 );
にすればいいだけです。
左からR,G,B,Aです。
赤くしたければ、1,0,0,0にすれば赤くなります。

background_w.jpg

続きを読む

MME エフェクト by ラテ

パーティクル(particle)は小片、粒子のこと。
浮遊・落ちもの系がMMEだとパーティクルとして配布されてることが多いです。

【MMD】カラフル+クラゲ+舞う草+簡易背景エフェクト【MME】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24886756
【MMD】枯葉・図形・アクセパーティクル配布【MME】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24836668
【MMD】パーティクル13種配布(トルネード・花畑・和風雲等)【MME】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23425747
【MMD・MMM】パーティクル系更新のお知らせ【MME】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22847392

readmore

MMDモデル・エフェクト by sdyan(やん)

miku_yan.jpg

【MMD】やん式初音ミクモデル(モデル配布)
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im5019468

 kamehamehappoi.jpg

 aurappoi.jpg

続きを読む

MikuMikuEffect[MME]

  • 2014/03/26 13:47
  • MME

2014/03/26 : ver0.37

MikuMikuEffect ver0.37
http://ch.nicovideo.jp/beta183/blomaga/ar491222

MMEの詳細は以下を参照してください。
http://dic.nicovideo.jp/a/mikumikueffect

必須環境(MMEに最低限必要な環境)
 SM2.0(DirectX9.0)対応ビデオカード
 (RADEONなら9500~X850、GeForceなら5シリーズ以降)

推奨環境(MMEの機能をフルに使用できる(はずの)環境。処理速度は無考慮)
 SM3.0(DirectX9.0c)対応ビデオカード(要VTF対応)
 (RADEONならHD2000以降、GeForceなら6シリーズ以降)

使い方は簡単
ファイルをダウンロードしたらMikuMikuDance.exeと同じフォルダに
d3d9.dll/MMEffect.dll/MMHack.dllを入れるだけ。

mme_v037.png

MMDの画面右上のほうにMMEffectのボタンが追加されてたら成功。

【MikuMikuDance】エフェクトファイルを読めるようにしてみた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12149815

あれ?動かないんだけど?って人は下をどうぞ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/music/23040/1285499541/118

ページ移動

ユーティリティ

スポンサードリンク

検索

カテゴリー

新着記事

    新着コメント

    スポンサードリンク

    つぶやき

    スポンサードリンク