>PV作成キット> 甘えん坊なミクが可愛くて出掛けられない

エントリー

甘えん坊なミクが可愛くて出掛けられない

12/18 : readme更新

甘えん坊なミクが可愛くて出掛けられない
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14125209

モーション、カメラ、背景、
音楽(最新ファイルには音楽ファイルは含まれていません)がパッケージされてます。
モデルデータを用意してくれば動いて音がでる動画になります。
初心者には良素材かと思います。

作業手順を下でまとめてあります。
初心者の人は参考にしてください。

私の環境(7+64bit)ではmikuplus.pmmを読み込ませるとMMDが強制終了してしまうため使いません。
pmmにはカメラやモーションなんかのファイルがあらかじめ指定してあって
それを読み込むだけでカメラやモーションなんかをまとめて読み込んだのと同じになります。
ですが、今回は使わずに手動で差し込んでいきます。

MMDを起動。
メニューバーの表示(V)→座標軸表示(G)のチェックをはずす。

背景(B)→背景画像ファイル読込(R)→pink.jpg(またはpink_HD.jpg)
ファイル(F)→WAVファイル読込→true2.wav
mikuplus_c.vmdをMMDにドロップ。
モデルデータをMMDにドロップ(下の画像はLat式リンです)。
mikuplus_m.vmdをMMDにドロップ

モデルデータの輪郭線の設定をします。
動画を動かす上では設定変更の必要ありませんので
枠内は読み飛ばしてかまいません。

MMDメニューバーの表示(V)→エッジの太さ(E)→
0.3から0.6ぐらいでお好みに。
数値をいくつにしても動作上は影響ありませんから
0.3-0.6にこだわらずいくつでもかまいません。
下の画像では0.3に設定してあります。

MMD下部の小豆色のパネルのモデル操作が
モデル名になってます。
これをカメラ・照明・アクセサリに変更したら再生ボタンを押してください。

以上で一連の作業が終了です。

ここからは一歩踏み込んで演出効果の追加をしてみます。
MikuMikuEffect[MME]が導入&利用可能環境か確認してください。
乙女フィルターをDL
http://harigane.at.webry.info/201010/article_1.html

MMD下部にあるモデル操作がカメラ・照明・アクセサリになってるのを確認したら
Otome.xをドロップしてみてください。

乙女フィルターOFF

乙女フィルターON

こうかはばつぐんだ!

詳細はドラマ向けフィルターエフェクトのページをどうぞ。

関連記事 : アリスとポッキーゲームする動画

ページ移動

コメント

コメント欄への投稿方法や内容につきましては、
記事へのコメント投稿についてを参考にしてみてください

コメント欄の投稿は公開されます。
非公開を希望する内容につきましては、みさきる!管理者へ連絡をお使いください。

comments powered by Disqus

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

スポンサードリンク

検索

カテゴリー

新着記事

    新着コメント

    スポンサードリンク

    つぶやき

    スポンサードリンク