>PV作成キット> アクセントモーション第一弾

エントリー

アクセントモーション第一弾

【MMD】アクセントモーション第一弾【モーション配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22216107

人によって完成までの工程が違うと思うので、
あくまでも一例です。
特に私は動画は作ってないため、
手順的に間違ってる箇所があってもご容赦。

方法1
MMD上でモデルと背景を入れて出力し、
AviUtilでappeal-setを合成する。
(MMDでmp4が読み込めるようにする必要がある)

方法2
MMD上で人物のみを出力し、
AviUtl上で人物、背景、appeal-setを合成する。

MMDでmp4が読み込める状態になってるなら1が楽かも。
今回の説明では2の方です。
私のPC環境が良くないみたいで、
(Geforce自体かグラフィックドライバのバージョン?)
MMDで透過で動画が作れないため、通常必要のない作業工程が入ってます。

必要なもの

 Ut Videoコーデック

AviUtl、拡張編集Plugin
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/
MP4Plugin
http://goo.gl/KgV87h

aviutl.exeと同じ位置にプラグイン用ファイルを入れてください。
aviutl1.png

RewriteAlpha
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22213158

すぐに使えるようあらかじめ準備しておいてください。

MMDで作業

 MMDにモデル、モーション、カメラを読み込ませます。
カメラ.vmd、モデル、モーション.vmdの順にMMDに読み込ませてください。
カメラの位置は各自で修正してください。
最後にRewriteAlpha.xをMMDにドラックアンドドロップ。

RewriteAlpha.xを使ったのは透過させるためです。
本来なら使わなくても透過するみたいなんですけど、
うまくいかないためRewriteAlpha.xを使ってます。

こんな感じになってます。
mmd1.jpg

MMDメニューバーの背景(B)→アクセサリ編集で、
RewriteAlpha.xが一番下になってるのを確認してください。
mmd2.png

AVIに出力します。
録画フレームを0 - 200
ビデオ圧縮コーデックに
UtVideo RGBA(ULRA)DMOを選択して出力。
mmd3.png

AviUtlで合成

 AviUtlを起動し、メニューバーの設定。
拡張編集の設定をクリックすると新しい窓がでます。
aviutl2.png

bg.mp4をLayer1に。
aviutl3.png

MMDで出力したaviをLayer2へ。
こんな感じに見えてます。まだ黒背景です。
aviutl4.jpg

もう一つの窓の下の方にある、
アルファチャンネルを読み込むのチェックを入れる。
背景が出てきました。
aviutl5.png

Layer3にはappeal-setの好きな演出を、
好きなタイミングで入れてください。
aviutl6.jpg

出力して完成。

ページ移動

コメント

コメント欄への投稿方法や内容につきましては、
記事へのコメント投稿についてを参考にしてみてください

コメント欄の投稿は公開されます。
非公開を希望する内容につきましては、みさきる!管理者へ連絡をお使いください。

comments powered by Disqus

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

スポンサードリンク

検索

カテゴリー

新着記事

    新着コメント

    スポンサードリンク

    つぶやき

    スポンサードリンク