>その他> BitLockerが便利

エントリー

BitLockerが便利

01.png

ドライブ全体を暗号化して保護できます。
Vistaで実装され、Windows7からはUSBの外部メディアにも対応。

USBを挿すとパスワード入力画面が自動で立ち上がり
パスを入力することでUSBが利用できるようになります。

オートラン(自動再生)機能を切っててもUSBを挿せば入力窓がでます。
USBを暗号化して使うツールは他にもありますけど
私の中ではBitLockerが一番使い勝手がよかったです。
リードライトのパフォーマンス低下もあまりないようです。
http://ascii.jp/elem/000/000/147/147860/index-6.html

ドライブ暗号化は上位モデルであるUltimateなどでしかできませんが
暗号化が済んでしまえばHomeなどの一般モデルでも使用できます。
ようするにパスワードの設定や変更をする時だけUltimateが必要。

と、いい事尽くめのような気がしないでもないですが
Vista以前の場合はBitLocker To Go リーダーが必要。
リーダーですから読み込みはできますが書き込めません。
NTFSフォーマットされたものは認識されません。

ということで、Windows7以降で使う分には特にデメリットなしですが
それ以前のOSで使う機会がある人は注意してください。

Windows7 Enterprise 評価版や
Windows8 Consumer Previewなどの体験版でもBitLockerは使用できます。
OSのお試しのついでにBitLockerで暗号化も体験しちゃってください。

Windows8体験版で暗号化したUSBメモリをWindows7 Homeで使用できるか試してみる。
大切なデータはバックアップを取ってからやってください。

私はVMware Playerの仮想PC上にOSをインストールしてます。
体験が終わったら仮想PCのイメージデータを削除するだけで済みますから。

Win8の怪しげな画面でお出迎え。
ここから画面左下の金魚画像をクリックすると通常のPC画面が表示されます。
02.jpg
スタートメニューがありません。
03.jpg
電源どうやって切るの?と、まっさきに思ったのは私だけじゃないはず。
その辺は適当に体験してください。そのためのOSですし。

USBメモリデバイスを右クリックでメニュ表示してBitLockerを有効にする。
04.png

暗号化なう。
05.png
結構時間かかります。
暗号化中でもドライブ内のデータの読み書きはできます。
けど、やらないほうがいいと思います。たぶん。

暗号化途中で暗号化のキャンセルはできませんけど一時中断はできます。
一時中断すれば、PCの電源を切っても大丈夫。
暗号化の再開はUSBにアクセスすると始まります。

暗号化完了!

Windows7 HomeでUSBを認識するか確認。
問題ないですね。
01.png

USBメモリ(NTFSフォーマット)をXPで使うと。
むりー!
06.png

USBメモリ(FAT32フォーマット)をXPで使うと。
認識されます。
07.png

BitLockerで暗号化したUSBメモリをWin7以前で使おうと思ってる人は
USBメモリや外付けHDDのファイルフォーマットにも注意が必要です。

ページ移動

コメント

コメント欄への投稿方法や内容につきましては、
記事へのコメント投稿についてを参考にしてみてください

コメント欄の投稿は公開されます。
非公開を希望する内容につきましては、みさきる!管理者へ連絡をお使いください。

comments powered by Disqus

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

スポンサードリンク

検索

カテゴリー

新着記事

    新着コメント

    スポンサードリンク

    つぶやき

    スポンサードリンク