> カテゴリー「MMD講座」の検索結果

エントリー

動画の作成に一工夫MMDの背景に手を入れてみる(超初心者編)

【MMD】動画の作成に一工夫MMDの背景に手を入れてみる(超初心者編)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22031153

補足
ブロマガも読むとより理解しやすいです。

背景動画は7GBのため、32bitのOSだと扱えません(4GB制限のため)。
訂正)すいません、4GBはメモリでした。2TBまで対応してます。
私の環境が原因なのか背景動画のlzhがCRCエラーで解凍できません。

AviUtlと拡張編集Pluginが必要です。
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

拡張編集Pluginのファイル群をaviutl.exeと同じ場所に置いてください。
拡張編集画面を出すには↓
exedit.png

AviUtlのメニュー → 設 定→ 拡張編集の設定。
拡張編集画面に道しるべ404背景(640x360).aviをドロップさせると読み込みます。

ポーズ反転

01.jpg02.jpg

反対向きのポーズがあればなぁと思った人も多いはず。
反転ペーストを使うと簡単に反対になります。

モデルに対して、1) 4巻ポーズ.vpdを読み込ませる。
ここまでは普通通りです。
01.jpg

MMD下部にあるボーン操作パネル。
フレーム登録 → 全て選択 → コピー → 反転ペースト
と順にクリックしていく。
bone.png

おわり。

02.jpg

ボーンと表情操作

同じ操作をしてもモデルによって異なる挙動になることがあります。
というか変わります。
マニュアル的に覚えても通用しないことがあるので、
自分で触って感覚で覚えてください。

bones.jpg

続きを読む

MikuMikuDance 超初心者向け講座2 MME導入編

MMDに不可欠なMMEを導入します。

MMDではできない光源の追加や質感の変更など、
見た目を変化させるための機能です。

MME未使用
01.jpg

MME使用
02.jpg

このように見た目を華やかにしてくれます。
これがMMEの効果。
PCの負荷も増えますが・・・。

MMEを使用することが前提となったモデルやステージが多数あるため、
MMEの導入も必須項目となります。

続きを読む

MikuMikuDance 超初心者向け講座3 ファイル読込編

モデル、ステージ、モーション、MMEと必要に応じて用意してください。
読み込み例として以下のファイルを使用します。

モデルデータ
https://bowlroll.net/file/4576

モーションデータ
https://bowlroll.net/file/421

何がともあれMMD起動。01.jpg

続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

スポンサードリンク

検索

カテゴリー

新着コメント

スポンサードリンク

つぶやき

スポンサードリンク