> カテゴリー「MMDツール」の検索結果

エントリー

[mmdx11]MMDをDirectX11化してみた

【MMD杯ZERO2】MMDをDirectX11化してみた【MME9周年】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm35941062

PMXエディタ・PMXエディタ by 極北P

IEブラウザは現在非推奨となっています。

PMD・PMXフォーマットのモデルデータを編集するソフトウェア。
ソフトウェアのDLはとある工房のダウンロードページから。

【MMD/MMM】PMD→PMXエディタ機能紹介
https://www.nicovideo.jp/watch/sm20566765

ソフトを使用する前の起動で躓いてる人がおそらく多いと思いますので、
その部分を簡単に説明。
添付のreadmeに書いてある内容です。
わかる人はそれを見るだけで解決します。
見ても意味がわからない人向けの補足説明。

PMXエディタ ケース1 プラグインの初期化に失敗しました

initialization.png

必須ランタイムがインストールされてません。

.NET Framework4.0 (3.5以下もインストール推奨)
DirectXランタイム
Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
Visual Studio 2013 Visual C++ 再頒布可能パッケージ

ダウンロード先はreadmeに記載されてます。
(x64)は64bit版OSを使用してる人
(x86)は32bit版OSを使用してる人
外部リンク : 自分のパソコンが32ビット版か64ビット版かを確認したい

PMXエディタ ケース2 ***.dllの読み込みに失敗しました

dll_1.png

続きを読む

[MMD拡張機能] MMD組み込み型

07/12 : MikuMikuPlus ver1.6.5.14(安定版)

MMD本体に機能を追加する形で動作します。
MMDから操作できるため非常に便利。

[MME] MikuMikuEffect

MMEは必須機能です。
この機能に依存してるモデル・ステージ等が大量にあるため、
MMEを導入していないと正しい挙動にならないものがたくさんあります。

MikuMikuEffect ver0.37
http://ch.nicovideo.jp/beta183/blomaga/ar491222

MMEの詳細は以下を参照してください。
http://dic.nicovideo.jp/a/mikumikueffect

必須・推奨環境については相当古いマシンでなければ動作します

必須環境(MMEに最低限必要な環境)

SM2.0(DirectX9.0)対応ビデオカード
RADEONなら9500~X850、GeForceなら5シリーズ以降

推奨環境(MMEの機能をフルに使用できる(はずの)環境。処理速度は無考慮)

SM3.0(DirectX9.0c)対応ビデオカード(要VTF対応)
RADEONならHD2000以降、GeForceなら6シリーズ以降

使い方

ファイルをダウンロードしたらMikuMikuDance.exeと同じフォルダに
d3d9.dll/MMEffect.dll/MMHack.dllを入れるだけ。

mme.png

MMDの画面右上のほうにMMEffectのボタンが追加されてたら成功。

【MikuMikuDance】エフェクトファイルを読めるようにしてみた
https://www.nicovideo.jp/watch/sm12149815

[MMPlus] MikuMikuPlus

あると便利かもしれない追加機能
MMEとは違い、画像・映像制作の支援ツール。
導入していなくても映像のクオリティに影響は与えないため必須ではありません。

  • 出力時に座標軸を消し忘れチェック
  • 出力時に美影入れ忘れチェック
  • 出力時にカメラ編集モードになっていないかチェック
  • 出力時に物理OFFになっていないかチェック
【MMD拡張機能】MikuMikuPlus v1.6.5.4【ツール配布】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34761249
【MikuMikuPlus】ver1.1~1.5.4機能紹介【リテイク】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34795743

続きを読む

VRM2PMXConverter 日本語説明:winglayer

【VRoid】ワンクリックでVRMをPMXに変換するツール【MMD】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34705374

Ut Video Codec Suite

01/14 : 20.2.0

MMDに対応してる可逆圧縮フォーマット。

Ut Video Codec Suite(コンテンツツリー)
https://seiga.nicovideo.jp/seiga/im1922939

動画フォーマット。
MMDや動画編集ソフト等でUtVideo形式の動画で出力したり、
UtVideo形式の動画を再生できるようになります。

DVDのmpeg2やBDのmpeg4は非可逆圧縮。
データを間引きし圧縮することで、
ファイルサイズを小さくするようにできてます。
データが間引きされているため、画質は劣化。

UtVideoは、可逆圧縮。
データを間引きせず圧縮だけしてファイルサイズを小さくしています。
画質に劣化は起こりませんが、
mp4等に比べるとファイルサイズは大きくなります。

概要を説明したところで、
実際にはどういう使い方をするのかというと。

MMDだけですべてを完結させる場合は構いませんが、
動画の出力を伴う編集を行うと、
非可逆圧縮で動画を出力していく場合は編集のたびに画質が落ちることに。
編集中の中間ソースの段階で画質が落ち、
最終的な公開用動画に仕上げるときにまた画質が落ちる。

画質の劣化を極力抑えるために、
編集段階ではUtVideoを使うといいかもねっ。
っていう製作サイド側にとって便利なフォーマットになってます。

UtVideoのコーデックをインストールしている環境でしか利用できないため、
公開用動画としてのファイルフォーマットとしては不向き。

動画サイトで対応していても、
動画公開に対応した動画形式にエンコードされてしまいます。
ニコ動とかのサイトで自動エンコードされる関係で、
画質のクオリティが予想できないため、
mp4やwmvなどの汎用性のあるフォーマットで最終的には出力し、
画質は自分でコントロールしましょう。

関連記事

動画共有サイトの UtVideo 対応状況

ページ移動

ユーティリティ

スポンサードリンク

検索

カテゴリー

新着コメント

スポンサードリンク

つぶやき

スポンサードリンク