>MMD講座> MikuMikuDance 超初心者向け講座2 MME導入編

エントリー

MikuMikuDance 超初心者向け講座2 MME導入編

MMDに不可欠なMMEを導入します。

MMDではできない光源の追加や質感の変更など、
見た目を変化させるための機能です。

MME未使用
01.jpg

MME使用
02.jpg

このように見た目を華やかにしてくれます。
これがMMEの効果。
PCの負荷も増えますが・・・。

MMEを使用することが前提となったモデルやステージが多数あるため、
MMEの導入も必須項目となります。

導入方法

MikuMikuEffectをDLしてください。
この記事を書いてる時点でのバージョンはver0.37です。
http://ch.nicovideo.jp/beta183/blomaga/ar491222

32bit版と64bit版がありますので、
自分が使うMMDに対応したものを選んでください。

DLしたファイルを解凍すると、5つのファイルが出てきます。
03.png

この5つのファイルをMikuMikuDance.exeと同じ場所にコピー。
04.png

おわり。
簡単でしょう。

MMEがちゃんと導入されたかどうか確認してみます。
MikuMikuDance.exeを起動させ、MMDの右上部分に注目。
MMEffectという表示があればOKです。
05.png

発光効果を与えるAutoLuminousというMMEは、
とりわけ使用頻度が高いです。
これも、AutoLuminousによる発光です。
02.jpg

AutoLuminousは必須と言っていいMME。
いずれ必ず使います。
今のうちにDLしておきましょう。
以下の動画の解説欄にDL先のURLが記載されています。

【MMD】発光エフェクト AutoLuminous 【MME】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16087751

ニコニコ動画サイトに解説がありますので、あわせて見ておいてください。
解説の内容がわからなくても構いません。
MMEってこんなことができるんだ程度で。

AutoLuminous2,3,4ありますが、AutoLuminous4だけでいいです。

最後にAutoLuminous4を使えるように準備して終わりにしましょう。
MMDのモデルデータやMMEなどは、どこでも構いません。
自分のわかりやすい位置においてください。

置き場所の一例です。

MMDの中にUserFileというフォルダがあります。
そのフォルダにアクセスしてください。
ここが一応データ置場です。
別にここじゃなくてもいいですけど、とりあえず今はここに入れておいてください。
04.png

標準ではmmeフォルダはないのでmmeフォルダを作成してます。
自分のわかりやすいようにフォルダ分けしておくと後で楽です。
06.png

このmmeフォルダの中にAutoLuminous4を入れてください。
MMEはこれからも増えていきます。
MMEごとにフォルダ分けしてわかりやすくしておくといいでしょう。
07.png

MMEの導入は以上で終了です。

関連記事

アマゾンリンク

MikuMikuDanceスターターパック MikuMikuDanceセカンドパック (100%ムックシリーズ) MikuMikuDanceサードパック (100%ムックシリーズ)

ページ移動

コメント

コメント欄への投稿方法や内容につきましては、
記事へのコメント投稿についてを参考にしてみてください

コメント欄の投稿は公開されます。
非公開を希望する内容につきましては、みさきる!管理者へ連絡をお使いください。

comments powered by Disqus

ユーティリティ

スポンサードリンク

検索

カテゴリー

新着コメント

スポンサードリンク

つぶやき

スポンサードリンク